朝――。8:30のα山頂は、未だに降雪機が稼働しており、霧のような氷の粒が降り注いでおりました。未だ誰も足を踏み入れていない、山麓へと続く2,500mの白い道が、静かにその時を待っています。振り返ると