SBN FREERUN NEWS
日本最大級オフトレキッカー ”BANGER” 誕生!
2021年6月5日 by SBN FREERUN NEWS


2021年6月に立山KINGS(旧富山KINGS)のビッグキッカーがリニューアルされ、日本最大級のオフトレキッカー ”BANGER” が誕生した。


製作には阪西 翔をはじめとする日本を代表するパーククルーTHE PARKSが関っている。毎年4月に栂池高原スキー場で行われるビッグキッカーセッション ”HANMMER BANGER” のビッグキッカーをオフシーズンでも飛べるというコンセプトのもと、北京五輪を目前とする今年にこのBANGERの誕生が実現したのだ。



■スペックは日本最大級

テーブル長は15mで飛距離は約20m。そして何と言っても、THE PARKSが造成するHAMMER BANGERのキッカーと同じくリップ角は35°で、上空では約8mほどの高さを体感できる。その空中視界はまさにワールド級。監修した阪西 翔が自ら飛び、世界に挑戦するに十分な練習ができるスペックだと説明。


また日本国内でこのサイズのキッカーはを飛べる場所はほぼ無くかなりのスキルを要するため、ライセンス制へとなる予定で、初年度は10,000 円/シーズンを予定している。


■今後立山KINGS は総合施設へ

今シーズンより、運営がSLABのサービスを展開するジャイロテクノロジーに変更。施設はフルリニューアルされ、名称も富山KINGS から立山KINGSへと変更、サービスが大幅にバージョンアップ。今回のBANGER以外にもカフェ、宿泊施設の新設やオートキャンプ場の設置、さらにはKINGSグループで最も人気のある5mキッカー ”ホークジャンプ” も設置予定で、夏ごろには今までとは全く違う施設に生まれ変わる予定だ。スキー場へ遊びに行く感覚で1泊2日でスノ―ボードとキャンプを楽しむことが出来る日本唯一のオフトレ施設を目指す。


さらには、大阪・東海・札幌・千葉KINGSといったグループ施設との相互割などお得なサービスも開始。今後は来場するみんなが楽しめるような共同イベントも企画段階とのこと。シーズンに向けてさらにオフが楽しくなること間違い無しだ。


立山KINGS

https://tateyamakings.com